負担が増える目だけどカラコンは欲しい

近年ではデスクワーク時間の増加や携帯端末の普及に伴って、頻繁な目の疲れを起こしやすい環境にあり、サプリメントを用いた手法で視力を維持しつつ、眼精疲労や病気を予防していく事が有効となります。
サプリメントを用いた方法を選択する際は含まれている成分ごとで効果が異なる点を理解し、適切な商品を選択する事が求められてきます。
まず、眼精疲労やドライアイなどを改善したい場合にはアントシアニンやビタミンA・B群などを含む商品が有力候補で、視覚情報の伝達に不可欠なたんぱく質の再合成を活性化すると同時に目の周りの筋肉をほぐし、目の機能を正常化させる働きが見込めます。
アントシアニンはブルーベリーに含まれている代表的な成分で、眼精疲労対策として特に効果的な種類となります。
また、眼病を予防するには病気の発生原因である加齢や紫外線の影響を考慮しておく事が重要で、目が受けたダメージを修復するルテインやリコピンなどを積極的に摂取する選択が好ましいとされます。
これらの栄養素はブロッコリーやほうれん草・トマトといった緑黄色野菜にも含まれているもので、食材からの摂取は可能ですが、サプリメントを補助的に用いれば効率良く効果を得られる点でメリットが生じます。

目の健康のことを考えると、カラコンがよくないことは十分承知しています。
特にデカい16mmのとかになるといろいろと問題が生じやすいのかもしれません。
セシルなら大きいのも小さいのもあるしデザインも可愛いのが多いですよね。
眼精疲労が続くと肩が重くなってきたり、頭が痛くなってきたりもします。特に年齢とともに目が乾きやすくなるそうですから、それが原因でいろんな目のトラブルも発生しやすくなることも考えられます。

何より眼科での定期的な検査は避けることができないのでしょう。しかし、案外そういうのが面倒だと思って受診すらしない人が多いからカラコンでもトラブルも多発してるのではないでしょうか。自分は大丈夫だとう根拠のない自信は持たないほうがいいでしょうね。

差別化ポイントをカラコンで探してみる

ピュアレンズと着色について。
ピュアンのレンズ直径は14.5mmですが、着色直径は14.2mmです。
カラコンを選ぶ時は、着色直径も確認すると面白いですね。
コンタクトレンズの大きさは、かなり幅が広く、14.0mm位のものから、15.0mm位のものまであります。
その前後もありますから、本の数mmとはいえ、見た目の印象がかなり違います。
レンズ直径については、特に書くまでもありませんが、単純に、レンズの幅ですね。
ただ、ほとんどの場合、レンズを潰さない状態での数値で記載されていますが、中には、レンズを潰した状態での数値が記載されていることがあります。
これは、メーカーなどからのデータではなく、お店、販売店などの独自の計測の場合に、潰した状態での数値が記載されていることもあるようです。
どちらの数値も記載されていることがあります。
そしてもう1つの数値が「着色直径」です。
これは、単純に着色されてる部分の幅になるわけです。
ピュアンの場合は、
レンズ直径14.5mm
着色直径14.2mm
となります。
つまり、着色されてない部分は、クリアな部分ですね。
友達の中には、レンズ直径で比較せずに、着色されてる部分で比較する子もいます。確かにそのほうがいいかもしれません。
実は着色直径の影響が大きかったりします
いろんなカラコンをつけてると気づくことがありますが、
14.5mmなのに大きく感じない
14.0mmなのに大きく感じる
とか、思ってたのより、大きく、小さく感じることがあります。
もしかすると、着色直径が影響してるのかもしれません。
レンズが大きいわりに、着色部分が小さいとか、その逆のことも考えられます。
あまり深く考えてもきりがありませんが、いろいろ調べてると面白いものなんですよね。

関連記事

セシルカラコンの柄が可愛いんです

だんだんカラコンのデザインも考えれるものは出尽くしたのでしょうか。 たった14mmほどの直径の中、

セシルカラコンは大きいサイズなのになぜ違和感がないの?

顔の印象を大きく変える事が出来るアイテムとして、高い注目を集めているのが、カラコンです。 青や緑等

デカ目もナチュラルもセシルカラコンで一気に盛る

私のコンプレックスは、小さな目でした。 私の友人など今の若い世代は、みな大きな二重目です。 しか

セシルカラコンまずは「シュワシュワ」!ワンデーで試すところから

セシルカラコンのシリーズは基本6ヶ月から1年使用です。 何種類かだけワンデーが発売されているんです

セシルカラコンにもあるハーフ系のデザインってどういうこと?

今ではカラコンもたくさん種類がでています。 もう手放せない!という人も多いのではないでしょうか?

PAGE TOP ↑